教科指導

一人ひとりの個性を引き出す教育体制

指導目標を明確にし学習内容を精選し、反復学習と補習による基礎・基本の定着を図っています。
指導方法の工夫と改善に努めて、児童の学習意欲を喚起するとともに、児童の自主的な学習態度を育てるために
その方法や内容を学年に応じて示し奨励しています。専科制を取り入れているメリットを最大限生かせるよう、
担任と専科・専科と専科の連絡を密にし指導に一貫性を持たせています。

※各教科の写真をクリックすると、詳細が開きます(PDF)

担任の担当する教科

  • 国語

    「美しい文字は一生の財産である」という創立者の考えから、文字を丁寧に書く姿勢を育てています。また、漢字指導にも力を入れて、「日本漢字能力検定」では、多くの合格者を出しています。

  • 算数

    具体的な物を操作しながら「なぜだろう」と思う気持ちを大切にしていきます。答えは同じでも、よりよい解決の手がかりを求めようとする、算数的思考力を育てます。

  • 生 活 科

    「生活」「社会」「自然」という単元に大きく分け、体験・活動を重視し行動範囲を校外にも広げ知識を習得していきます。

専科教員の担当する教科

  • 社会

    自らが調べ・体験する授業を重視しています。3.4年生では、学校周辺の施設見学、5年生では、校庭の水田での稲作、自然との関わり、生産者と消費者の立場など、6年生では、沖縄学習を通し、戦争と平和学習に取り組んでいます。

  • 理科

    豊富な体験学習から好奇心を引出し、調べることや発見の楽しさを味わうことを第一と考えています。さらに疑問を抱き、筋道を立てて考え調べていく力を養うことにより、今後の学習や生活に役立つ力を育てます。

  • 英語

    日本人の英語教師と外国人教師によるティーム・ティーチングを実施。2年生以上は、児童16人~18人に対し教師2名できめ細かく指導、一人ひとりの力を伸ばします。英検にも積極的にチャレンジしていきます。

  • 読書

    1・2年生では、読書の授業が、週1時間あります。本を読むだけでなく、絵本作り・ミニビブリオバトル・本の紹介など、表現にも力を入れています。

  • 音楽

    3年生からヴァイオリンを始めます。6年生では総まとめとして、オーケストラ(管・弦・打楽器)を編成します。

  • 図工

    6年間を通して、「えがく」「つくる」「みる」ことが系統的に学べるように、題材や材料、道具を選び工夫ある授業を行っています。

  • 体育

    週2時間の一般体育に加えて、男子は剣道、女子はダンスの授業があります。また、校外での活動としてスケート教室、スキー教室、水泳など様々な運動に取り組んでいます。

  • コンピュータ

    コンピュータを学習道具の一つとしてとらえ、様々な情報を活用するうえで必要不可欠なルールやモラル、スキルの習得を目指しています。

  • 家庭科

    5年生から「生活をしていく上で必要な基礎能力を育てる」目標で、授業を行っています。年3回調理実習も行います。

PageTop