部活動

友達と表現する喜び

東小学校の部活動は月曜日と木曜日の放課後1時間15分、また、土曜日の午後などを使って、活気ある活動が行われています。
参加は任意ですが、現在、3年生以上ののべ約300人が参加しています。
活動の場は学校内に限らず、東中学校との交流、また、東京私立初等学校協会主催の音楽祭、体育発表会への参加など幅広く、
様々な経験や体験を通じて個性を伸ばし、協調性を養い、自ら進んで挑戦する意欲を育てています。

  • 吹奏楽部

    学内発表としては体育祭、学内ミニコンサート、卒業式での演奏。学外発表では東初協音楽祭(東京の私立小学校が参加する音楽祭)、2年に一度は発表会のオープニングにも出演しています。色々な行事を通し人の前で演奏することによって、音楽に対する興味・関心を深め、音楽的な感性に磨きをかけ、さらに演奏の技術ばかりでなく、友達との協調性や自信などの多くのことを学んでいます。普段の練習はとても明るくて賑やかで楽しくて…。練習中はいつも笑顔と心地よいブラスサウンドで溢れかえっています。

  • 器械体操部

    3~6年生の有志で体操、身体を動かすことが好きな児童が活動をしています。側転をきれいにやりたい、バク転がしたいなど個人の目標は違ってもそれぞれが楽しみながら行っています。時には武蔵野東中学校に出向いて、本格的な体操ピットを使わせてもらい、中学生の先輩との交流もしています。体操は単に技の習得ではなく、そのための基礎体力や柔軟性なども必要です。部活動を通して、楽しみながら基礎体力のトレーニングやゲームなどを行い、技を習得しやすい身体づくりも行っています。また、個人種目ではあるものの小学生ということもあり、皆で協力することの大切さや思いやりなどにも気を使っています。

  • 剣道部

    部員はみんな剣道が大好きです。剣道を通して「礼儀作法を身に付けること。」「心と体を鍛えること。」を目標に日々の稽古に取り組んでいます。下級生は素振りや足捌きなど、基本練習を中心に行っています。上級生になると技術のレベルに合わせて、実践的な練習や試合練習も行います。校外の活動として武蔵野市の剣道大会にも毎年参加をしています。勝ち負けだけでなく「相手がいるから剣道ができる。」ということも、大会や日々の稽古を通して学んでいきます。過去の最高成績は準優勝なので、「それ以上の成績を出すこと」も部員の目標の一つです。



  • ダンス部

    いろいろな身体の動きを身につけながらダンスを踊る楽しさや創作する楽しさを経験する部活です。上級生から学ぶこともたくさんあり、また、下級生の面倒を見たりと、本当の姉妹のようななごやかな雰囲気です。11月には東初協体育発表会に出場し、創作ダンスの発表を行っています。曲選びから振りつけまで自分たちで行い、3~6年生が協力して作品を作り上げます。

  • サッカー部

    平成20年度からは活動の幅を広げ、武蔵野市のサッカー協会に加盟をしました。チーム名を「武蔵野東FCジュニア」とし、地域のクラブチームとも試合を行うようになりました。日頃の練習では6年生がリーダーシップを発揮し、基本練習やミニゲームに取り組んでいます。試合では東っ子らしく、最後まであきらめない粘り強いサッカーを目指してがんばります。

  • 合唱同好会

    音楽活動の活性化および自主性、協調性を主とした活動の活性化を図るため、平成15年度に「合唱同好会」として創部しました。平成28年度より名称を「ひがしっ子合唱団」に変え、活動の幅を広げています。昼休みや土曜日を中心に練習を行い、学校説明会や全校音楽、また、武蔵野市民音楽祭にも出演し、歌声を披露しています。放課後の部活動との兼部もできます。



  • YOSAKOI同好会

    『ひがし晴れ!』踊り子はもちろんのこと、観る人、地域を元気にする踊りとして全国に広まっている「よさこい」「YOSAKOIソーラン」は、新たな日本の文化になっております。「練習も演舞発表も真剣に楽しみ、人前で踊る楽しさと観衆の反応から得られる感動」を体感してほしいという思いで活動しています。笑顔満開で楽しんでいます!他の部や同好会と兼部も可です。

    <活動目的>
    ・YOSAKOIを通し、真剣に楽しみ、周囲を楽しませる
     経験を積む。
    ・YOSAKOIを通し、かけ声をかけ合いながら気持ちを
     合わせて集団で踊る楽しさを知る。
    ・YOSAKOIを通し、気力、体力、表現力の向上と新た
     な自己発見をする。
    ・YOSAKOIを通し、学校行事をもっと活気づける。
    ・YOSAKOIを通し、地域イベントに参加し、武蔵野東
     小学校の元気をアピールする。

PageTop