教育目標と特色

武蔵野東高等専修学校 は、武蔵野東中学校を卒業した自閉症児のために昭和61年(1986年)に設立されました。広く外部中学校より健常な生徒を迎え、混合教育の環境の中で人間教育に重点を置いています。
 高等専修学校は、一般の高等学校と同様に後期中等教育段階の学校ですが、職業教育から実生活に役立つ知識や技能、さらに一般教養までの広い範囲の教育を行っています。





理想(VISION)−世のために役立ち、人々に必要とされる社会人となる」を校訓に掲げ、中学校までの義務教育の課程で養われた基礎の上に、社会自立のために、職業技術や専門知識、人間としての基礎的な教養や生活力を身につけさせ、実社会や上級学校に送り出すことを目標としています。




●個性への対応と幅広い教養を

生徒一人ひとりの個性に対応するために、6つの専門コースと大学受験コース(2年次後期から)を用意し、自分の目標に合わせて自由に選択し履修することができるシステムを構築しています。普通教科(国語・数学・英語・社会・保健体育)では年間525時間を配当し、専門教科だけではなく幅広い教養を身につけて、卒業後の進路を確かなものにしています。

●人間教育・混合教育

広い視野に立った細やかな教育と徹底した生徒指導によって、学習の自己管理と責任の確立を目指すとともに、将来、社会に貢献し人々から信頼される人間を育成しています。また、健常児と自閉症児が互いによい影響を与え合う混合教育の環境下で、人々のために尽くし、一人一人を尊重する友愛の心にあふれる人間の育成にも力を入れています。

●少人数制と習熟度別クラス編成

1年次4クラス、2,3年次は3クラス編成で、健常児と自閉症児の枠をはずした普通教科の習熟度別のクラス編成となっています。クラスには、担任・副担任の2名の教員を、さらに2名の学年付きの教員を配置し、きめ細やかな生活指導、教科指導を行っています。

●開かれている上級学校への対応

上級学校への進学希望が年々高まっている中で、通常の普通教科に加えて2年次後期より大学受験コースを用意し、より幅広く、深い普通教科の学習ができるようにし、受験さらには進学後を見据えた対応ができるようにしています。また、混合教育の成果として、毎年教育・福祉系の上級学校への進学者がいます。

 

●豊富な体験学習

年間を通じて、スポーツ大会、林間学習、学園祭、合唱コンクール、スキー教室、ハワイ学習など豊富な体験学習や独自のインターンシップ(就業体験)を取り入れ、机上では果たせない生きた学習を行っています。

●専門コースと資格取得目標

専門の教師陣の懇切丁寧な指導により、将来の職業に役立つ専門的な知識や技術を身につけ、各種の検定資格に挑戦させて多くの資格の取得を目指しています。

全コース共通

・日本英語検定協会 実用英語技能検定

・日本漢字能力検定協会 漢字能力検定

・全国経理教育協会 社会常識能力検定

・日本書写技能検定協会 硬筆書写検定

・専修学校教育振興会 ビジネス能力検定

・大学入学資格付与(高等学校卒業程度)指定校

絵画、陶芸コース

・国際文化カレッジ レタリング技能検定

体育コース

・東京消防庁 普通救命講習

調理・製菓コース

・全国高等学校家庭科教育振興会 食物調理技術検定

情報ビジネスコース

・日本情報処理検定協会 日本語ワープロ検定

・日本情報処理検定協会 情報処理技能検定

・日本情報処理検定協会 文書デザイン検定

・日本情報処理検定協会 パソコンスピード認定試験

・日本情報処理検定協会 プレゼンテーション作成検定

・全国経理教育協会 文書処理能力検定

・全国経理教育協会 簿記能力検定

・全国経理教育協会 電卓計算能力検定

・全国商業高等学校協会 ワープロ実務検定

・全国商業高等学校協会 パソコン入力スピード認定試験

[上に戻る(Back to Top)]

*こちらから 武蔵野東高等専修学校トップページ へ

 

各園校のトップページへ ⇒  | 武蔵野東第一幼稚園・第二幼稚園武蔵野東小学校武蔵野東中学校武蔵野東高等専修学校| 

緊急連絡板最新トピックス学園の概況学園事務局武蔵野東教育センター学園の研究組織連合後援会サイトお問い合わせ

(C) Musashino Higashi Gakuen 学校法人 武蔵野東学園 武蔵野東高等専修学校
180-0013 東京都武蔵野市西久保3-25-3 Tel. 0422-54-8611 Fax. 0422-51-0267