家庭教育支援について

子どもを中心にして

子どもたちの発達を促し、生きる力を育むためには、家庭教育がとても重要です。
そのために、保護者を対象とした、勉強会、グループ懇談会、個人懇談、茶話会、教育相談などを実施し、家庭での療育に役にたつ情報を提供しています。
 また、家族一緒に楽しめるイベントとして、ファミリーデー、南アルプス・チロル学園宿泊体験、OB・OGのためのホームカミングデーなども開催しています。
 子どもを中心にして、保護者や家族が安心して家庭での教育に臨めるよう、様々な形でサポートしています

保護者勉強会

教育センターのスタッフが、専門性を生かした内容、日々の療育の実践や研究活動について、保護者の皆様に直接お話ししています。お子さんの家庭での生活に活かしていただくとともに、スタッフと一緒に学ぶ場となっています。(年3回 無料)

 2017.4 2016.12 2016.9 2016.4

保護者茶話会

保護者同士で持ち寄ったお茶を飲みながら、情報交換や経験談を語りあい、ポジティブなネットワークを築いていただくことを目的としています。上級校についての情報を得るなど、学年を越えた交流ができることも魅力となっています。(年3回)

幼児グループ懇談

子どもたちが療育プログラムを受けている時間を利用して、幼児の保護者のグループに、生活習慣やスキルを身につける方法、困った行動への対応のし方、コミュニケーションを促進する方法など、日常生活のアドバイスをしたり、質問にお答えしたりしています。(年3回)

個人懇談

スクールプログラム(親子プログラム含む)受講の方には、年2回の個人懇談を設けています。お子さんの様子や目標などについて担当スタッフと個人的に対面で話ができる機会となっています。懇談で保護者の要望をお聞きしながら重点目標を設定し、期末には達成の状況をフィードバックしています。(年2回)

教育相談

指導経験豊かな相談員が、個人に応じた教育法や接し方などの質問にお答えしています。遠方などの理由で当センターにお越しになりにくい場合には、電話での相談にも応じます(1時間 随時 有料)。 日時につきましては、お電話などでご予約ください。

支援者のためのセミナー

保護者や教育・福祉関係の方など、子どもたちを支援する立場の方々を対象としたセミナーを年3回開催しています。教育・医療・心理・福祉などの領域から専門家をお招きして、多岐にわたる内容でお話をしていただいています。(年3回 有料)

 2017.2 2016.10 2016.5

教員対象見学説明会

受講されている子どもたちが通園・通学している幼稚園や学校の先生方を対象とした見学説明会を年2回実施しています。学校などの担任の先生方との情報共有や連携は、お子さんの発達を最大限に促すうえで有益です。保護者やご家族はもちろん、子どもたちを囲む方々とできるかぎり協同していきたいと考えています。

 2015.11 2014.6

ファミリーデー

年に1回、家族いっしょに参加できるイベントを企画しています。年度によって、ハイキングに行ったり、ハンドベルやドラムサークル、竹トンボやコリントゲームなどの製作、身体を使ったレクリエーションを家族で楽しんだりしています。家族同士の交流を通して親交を深めることも目的のひとつです。 高学年は、南アルプス・チロル学園に宿泊し、大自然の中でのハイキング、ぶどう狩りやジャム作りを楽しみながら、家族や仲間との絆を深めるお手伝いをしています。

 2016.10 2015.10 2015.9

ホームカミングデー

以前受講されていた生徒と保護者を迎えて毎年11月23日(勤労感謝の日)にホームカミングデーを開催しています。久しぶりに会った仲間やスタッフとレクリエーションを楽しんだり、近況を報告したりする機会となっています。当センターがあたたかい心の拠りどころになれるように、長いおつきあいの中でサポートしていきます。

 2016.11 2016.2



PageTop