武蔵野東小学校

 平成28年度 学校自己点検・評価

平成14年4月に施行された小学校設置基準等で、学校評価の実施とその結果の公表が努力義務化されて以来、本校では平成15年度より、自己点検評価票を作成しております。そして、平成19年度からは、本校の教育方針・目標・重点とその評価を「自己点検評価票」としてまとめ、ホームページにて公表することにいたしました。本校の現状をご理解いただく参考となれば幸いです。尚、本校はこの自己点検評価を基に、改善・改革に取り組み、より良い教育活動を行うよう努めております。

 

教育目標 正しく(正しい知識と正しい行動)、 強く(強い体と根気のよい心)、 美しく(まことの友愛)を校訓と定め、体力づくりと体験学習を基盤にした知・徳・体の学習により、視野の広い、豊かな感性とたくましい生活力を持つ児童を育成する。
教育の特色

@混合教育  健常児と自閉児が共に学ぶ生活の中から、「思いやり」「やさしさ」「助け合い」 など人間愛の教育、心の教育を目指す。
A小中一貫教育  小中一貫を基本とした学習を通して、基礎学習力・基礎学力を養い、発展的な学習にも取り組ませる。
B多彩な教育   それぞれが個性と能力を発揮できるよう多彩な教育と体験を積み上げ、一人ひとりの可能性をじっくり、大きく伸ばしていく。

 

T 教育の目標と重点

取り組みとその評価

 平成28年度の重点項目

「数学的(算数的)思考力の向上」「生活スキルアップ(お手伝い)」

 具体的な取り組み

「数学的(算数的)思考力の向上」
 気づきをもとに習得した計算や公式、作図といった知識や技能を活かして仮説を立て、いくつもの筋道を考えながら問題解決にむけてよりよい方法を見つけさせる。答えは一つでも考え方はいろいろとあることに気付かせる。
 言葉、数、式、図、表、グラフなどを使い、問題解決を行えるようにしていく。
 学習の流れは、@つかむ(的確な問題把握)Aさぐる(自力解決)Bひろげる・はなす(共有・比較検討)Cまとめる(整理・目標達成)とする。
 算数的コミュニケーションの充実として高学年では算数ディベートも取り入れてみる。
 
「生活スキルアップ(お手伝い)」
 家庭でのお手伝いのスキルを確実にすることを目標とする。各学年の目標は次の通り。
 1年生 基本的なスキルを身につける。
 2年生 スキルの応用と身近な道具を知る。
 3・4年生 身近な道具の扱い方を身につけ、応用する。
 5・6年生 作業の丁寧さ、正確さを意識する。
 まずは、家庭でそれぞれの子供の役割を持たせてもらい、「誰かの役に立てて、うれしい」という気持ちが子供たちの中に育つようにする。

 成果と達成度

「数学的(算数的)思考力の向上」
数に関することを話題にして取りいれて、日常の出来事に興味と関心の広がりがでた。低学年では積み木を使って立体を数えることで体積の基本的な考え方が理解できるようになり、高学年では身近な話題に対して算数という視点から考えるようになった。週末レポートの活用もその一つで、たとえば、オリンピックのリレーチームの記録から平均タイムとベストタイムの違いを知り、いかにバトンパスが重要であったかに気づく児童がいた。
算数ディベートにも取り組んだが、継続の必要性は感じた。

「生活スキルアップ(お手伝い)」
1年間取り組み、家庭での意識も高まった。5・6年生はそのスキルを活かし、学校全体のお手伝いとして、宿泊学習等のしおりの製本、校庭の清掃、椅子並べなどに取り組んだ。できるようになったことは多くなったが、もう1年間継続して取り組むことが望ましいと判断した。

 教員・児童・保護者への浸透度

教員、児童ともに日々の教育活動の中で積極的に推進し浸透している。
保護者へは保護者会やホームページにて取り組みを紹介。お手伝いについては家庭での実践も行われた。
U 教育環境

 

 校舎・設備等の質的・量的整備状況

点検・補修・改善・管理を定期的計画的に行えた。
・北原記念館2階5.6年生教室の床の塗り替え
・西館4階倉庫 エアコン設置
・バイク置き場の鉄柵設置
・東館連絡通路修繕
・サンライズホールスポットライト設置
・サンライズホール音響延長コード設置
・西館4階屋根の増設
・電波障害対策施設撤去工事

 教育機器の適切性と充実度

・iPadを使った指導の研究を進めた。
V 教育課程

 

 カリキュラムの特色化と適切性

・知・徳・体、バランスのとれたカリキュラムを編成している。
・専科制を取り入れている。

 教育システム全体の工夫と充実度

共有サーバーによるデータ管理の充実、教務ソフトによる出席簿や成績票の作成

 行事活動

各行事の内容について吟味し、より充実させた。特に武蔵野東幼稚園年長児が小学校で過ごす日については全校児童で受け入れる形にして、園児がより楽しめるようにした。

 校外教育活動

・宿泊学習実施(ゆずり原・チロル学園・南房総・野辺山・菅平・沖縄)
W 教科指導

 

 指導計画と教員配置

各教科年間指導計画が立てられ、適切な教員配置の中、授業数も確保された。

 習熟度別授業

CDE組は、各学年で「国語」・「算数」の授業時に3つのグループに分かれ実施。

 個に即した授業

放課後補習を実施。

 資格取得状況

・英検
 準1級1名、2級1名、準2級3名、3級3名、4級11名、5級42名
・漢字検定
 2級1名、準2級3名、3級6名、4級10名、5級63名、6級66名、7級60名、8級57名、9級66名、10級62名
・珠算検定
 4級1名、5級1名、6級6名、7級10名、8級9名、9級27名、10級47名
・算数・数学思考力検定
 6級3名、7級9名、8級7名、9級15名、10級17名
・英検ジュニア(受験者数)
 ゴールド7名、シルバー7名、ブロンズ11名
X 児童の活動

 

 友愛会(児童会)活動の充実

役員会、体育部会、音楽部会、学校美化部会、保健部会、放送部会、新聞部会、図書部会、理科部会、ボランティア部会で組織し実施。

 部活動

サッカー部、器械体操部、剣道部、ダンス部、吹奏楽部に3年生以上が入部(任意)でき、週2日放課後活動している。その他にひがしっ子合唱団やエコクラブや中学校陸上部顧問の指導によるアスリートクラブ(陸上)があり、部活動と掛け持ちができるようになっている。どの部活動も対外試合や演奏会など積極的に参加できた。
Y 進学指導

 

 進学学習の充実

1〜4年生 AB組は、必要に応じて放課後に補習が行われ、5.6年生 AB組は進学学習(希望制)を行い、基礎学力を養い、発展的な学習にも取り組めた。

 進学状況

武蔵野東中学校58名(AB組36名、CDE組22名)・他私立25名(AB組19名、CDE組6名)・国立2名(AB組2名)・都立1(CDE組1名)・公立9(AB組7名CDE組2名)
Z 研修

 

 内部研修

・年度当初教職員研修会(学園・各園校)実施・教職員学園半日研修会(年間7回)実施・学園教科研究部会、小学校教科研究部会実施

 外部研修

・東京私立初等学校協会研修会参加 ・日本私立小学校連合会研修会参加
[ その他の教育活動と公開性

 

 保護者の協力

・年間2回土曜日自由登校を「JoyDay」と称して保護者による企画・運営のイベントを実施
・広報部、研修部、学園祭部(東っ子商店、模擬店、バザー、ビンゴ、環境美化、ゲーム)、卒業を祝う会とそれぞれの係に分かれて、子どもを楽しませてくれた。
・CDE組保護者「むらさき会」による懇親会を実施

 地域との連携

・盆おどりや学園祭模擬店に地域の商店出店

 eパル(学童)利用状況

AB組 4,660名  CDE組 2,350名

 情報発信

・WEB上にて毎日ホームページを更新
\ 安全・危機管理

 

 緊急時対応

行政とも連携し、マニュアルに沿って年3回訓練された。
武蔵野市の防災無線定期訓練に参加した。

 防犯・防災チェック態勢

教職員による校務「防犯・防災部」を設置し、教職員防犯訓練やAED講習など実施。また施設設備の安全点検を定期的に行う中で危険箇所の早期発見早期対応に努めた。

 情報セキュリティー

・マニュアルや規定に則って行う。  ・PCウイルス対策ソフトインストゥール
] 保健・衛生

 

 児童及び教職員の健康管理

・年度当初に健康診断実施。   ・身体測定年3回実施。
・年度当初に職員検診実施。(検診結果を教職員に配布し、産業医による再診実施)
・産業医による衛生委員会を年8回実施し、教職員の健康管理に努めた。

 衛生に関する点検

・手洗いうがいの励行  ・給食後の歯磨き
・教室の消毒

 

2017年度の取り組み

 
 本年度、本校は創立40周年を迎えます。記念文集の作成や航空写真の撮影などイベントを企画しています。
 教科に関しては2020年度を見据えて、英語の授業時間を3年生以上は週2時間にしました。単に増やすだけでなく、英語の習得度を確認する意味も含めて英検ジュニアや英検に積極的にチャレンジするように勧めていきます。
 教育の重点は、昨年度に引き続き「数学的(算数的)思考力の向上」です。子ども達の問題への気付きから根拠を明らかにし、筋道を立てて体系的に考えることや、言葉・数・式・図・表・グラフなどを適切に用いて、問題解決が行えるようにしていきます。また、考えたことを表現する、発表することを目標にし、学年によっては「プレゼンテーション」の方法にも力を入れていきます。
 CDEクラスの重点も昨年度に引き続き「生活スキルアップ(お手伝い)」です。家庭でのお手伝いにはいろいろな分野があります。「料理」「食事の準備片づけ」「収納・ゴミ捨て」「掃除」「洗濯」などです。責任をもってこれらの手伝いをすることで、自立へとつなげていきます。

小学校トップページへ戻る