教育の特色

【教育の方針】

 ● 才能を拓き、志を育てる

  心も体も大きく成長する中学校3年間。武蔵野東中学校では友だちや先生との信頼のきずなの中で他者への思いやりの心を常に養いつつ、自己を磨き、鍛える環境を整えています。生徒自身が自分の頭と身体を使って、目の前にある学習や生活上の課題に挑み、自分なりの解答を出して乗り越えていく過程には、親や教師が言葉で教える以上の「学び」が存在します。担任をはじめとした教師側の役割は、生徒をよく知り家庭とも連携して、生徒が自分自身で伸びていく方向性に見えない手を添えることにあります。子どもから大人への橋渡しとなる思春期と呼ばれるこの時期を大切にし、個性を伸ばしつつ才能を拓き、志を育てていくことは、その後の人生を決めるといっても過言ではありません。武蔵野東学園の教育理念である「子の幸せを願う親の心」を原点とし、学習と生活の両面から全人格的に伸ばしていくのが武蔵野東中学校の教育です。

 ● 温かい知性、柔軟な心を育てる

 学園全体の教育の根本にあるのは、健常児と自閉症児による「混合教育」です。社会性におけるさまざまなハンディをもつ自閉症児たちは、学園の一貫教育体制の中で、時間をかけて成長を続けています。健常な生徒は自閉症児に対して初めは戸惑うこともありますが、一人ひとりの個性を理解して親しみを抱くようになった時、心は一段進化しているのです。それぞれの違いを認め合って一緒に歩んでいこうとする柔軟な心は、人間として欠かせない大切な資質です。

     【教育の特色】

 ■「表現力豊かな国際人」としての資質を育てる 英語教育 

 ■立ち止まって自分をみつめる 「生命科」の授業  

 ■15歳のチャレンジスピリット 高校進学指導

 ■才能を拓く 「学び」の特色

[上に戻る(Back to Top)]

 


(C) Musashino Higashi Gakuen
武蔵野東中学校
184-0003 東京都小金井市緑町2-6-4
Tel. 042-384-4311 Fax. 042-384-8451