6年生「『武蔵野の空襲と戦争遺跡を記録する会』の方のお話」 



 平成29年5月18日(木)

 戦後72年の今年も「武蔵野の空襲と戦争遺跡を記録する会」より、3名の方(秋山さん、島津さん、重原さん)にご来校いただきました。
 73年前の1944年11月24日、北多摩郡武蔵野町西窪(現在の、武蔵野市緑町)にあった中島飛行機武蔵製作所への空襲時の様子(当時、戦争をしていた日本の零戦のエンジンの30%をつくっていたことで、、空襲の的になったこと)、学徒勤労動員について、高射砲での反撃について、日々の食べ物についてなど、貴重なお話をたくさん伺いました。
【中島飛行機武蔵製作所は、本校の西側にありました。(現在の武蔵野市高齢者総合センター 〜 
都立武蔵野中央公園周辺までの56万屬砲錣燭訛膵場で、最盛期には5万人が働いていました】
 みなさん「戦争は、絶対してはいけない。」という言葉で、お話を締めくくられました。
 今後はお話の内容をまとめ、長く続いた戦争と人々のくらしについて調べ、7月に足を運ぶ沖縄学習へと繋げていきたいと思います。
 本日来校いただいた皆様方、本当にありがとうございました。

 
小学校トップページはこちらから!


6年生  情報ID 74459 番  掲載日時 05/18/2017 Thu, 15:54