CaP 2学年 進路研究 



 2学年の進路研究の授業を紹介します。進路研究は進路活動を進めていく上での心構えや今後の進路活動の流れなどについて学ぶ授業です。進路の基礎知識を養い、進路活動に積極的に取り組む姿勢を養うことを目的としています。
 今回の授業は、『目標達成に向けて』というテーマで、求人票を用いて進められていました。どんな仕事に就く場合でも必ず「選考」があり、求人票を見てどんな選考の仕方があるのか調べました。ほとんどの企業で面接があります。面接は第一印象が大切だという話があり、人の第一印象の70~80%は声で決まることから、全員で発声練習を行っていました。最初はボソボソと、自信がないような話し方をしていましたが、姿勢,速度,声の高さ,腹から声を出すことなど意識するポイントを教わると、別人のような変化が見られました。短い時間の中でも人は変われるということが生徒自身も感じられたのではないでしょうか。

★キャリアプランニングカリキュラム・スキルアップトレーニングカリキュラムのシラバス及び時間割はコチラ

武蔵野東高等専修学校  情報ID 73878 番  掲載日時 03/07/2017 Tue, 17:43