年長 もりのおうち作りに向かって 


話し合って・・・
みんなで組み立てて・・・
和紙を貼って・・・

 園まつりに向けて、すみれ組では『もりのおうち』を作っています。何を作るか、どんな『いえ』『もり』にしていくかなど、みんなでたくさん相談し決めていきました。「森ってさ、怖い森とか、普通の森とかあるじゃん?それを決めてから色を決めようよ」と提案したり、「じゃぁ、怖い森がいいんじゃない?」とその意見に答えたり、「でもそうしたら小さい子が楽しめないよ・・・」「じゃぁ普通の森の方がいいか〜」と次に展開したりしながら、気持ちを一つにしています。
 時には「葉っぱはさ、パラパラパラ〜って降ってくる感じがよくない?」、「それいいじゃん!」「すごいいい!」と一瞬で合意することもあります。これまでに「それすごくいい!」と一瞬で決まったのは、『葉っぱがパラパラ降ってくる』ということと、『家の中でゲームができる』ということ。
 
 そして今日は、『どんなゲームを作るか』をみんなで考えました。「輪投げは?」「射的は?」「射的は危ないよ」「金魚すくい!」「おもしろそう!」「でも水なんてもってきたら家の段ボールが水びだしじゃん!」と意見が飛び交う中、「動物たちを隠して、見つけるゲームは?」という意見が出ました。「どこに隠すのさ」の質問に、「う〜ん」と少々沈黙・・・。すると「あっ昨日作った隠し窓の中は?」というアイデアが出ました。それを聞いた全員「そうだ!そこがいい!」と目を輝かせて賛成。(『動物たちを隠して見つけるゲーム』に決まったわけではなく、『動物を隠すなら隠し窓の中』という合意なので、実際に製作するゲームが何に決まるかはまだ分かりません。今後をお楽しみに!)
 
 時に言い合いになりながら真剣に話し合うみんなの表情、一瞬で合意した時の輝いた表情、どちらもいい表情を子どもたちはしています。『もりのおうちを作る』という一つの目標に向かって、イメージを共有し協力しながら、すみれ組も製作を楽しんでいます。

○ 幼稚園のトップページは、こちらから!


年長副主任  情報ID 72369 番  掲載日時 10/14/2016 Fri, 18:18