第2回保護者勉強会を開催しました 



 9月15日(木)に第2回保護者勉強会を開催いたしました。午前中はあいにくの天気にもかかわらず、39名の保護者の方が参加してくださいました。
 第1部は、臨床心理士の大澤から「知能検査の結果の活かし方」というタイトルで話をしました。教育センターで実施している4種類の検査の中から、新版K式発達検査とWISC-犬2つの検査結果の見方や解釈の仕方、結果から考えられる特徴や支援方法を紹介いたしました。
 第2部は、本田から「家庭で楽しめる造形活動」について“つくるってたのしいな!”を合言葉に話をしました。クレヨン、のり、はさみ、折り紙、粘土の5つの活動をする際のポイントを指導段階に沿って説明しました。プログラムで実際に使っている用具や支援方法を紹介するとともに、保護者の方々にも絵画と折り紙を体験してもらいました。ぜひご家庭でも活用していただければと思います。
 次回の保護者勉強会は12月1日(木)です。「自閉症スペクトラムのことばとコミュニケーションの障害について(脳機能の視点を中心に)」「子どもの運動機能の発達」の2つのテーマで行います。ご参加お待ちしています。

教育センター  情報ID 71951 番  掲載日時 09/15/2016 Thu, 19:30