生活の中に「科学の目」を
 

 2007年に経済協力開発機構(OECD)が15歳を対象に行った国際的な学習到達度調査(PISA)で、日本は理科の応用力(科学的リテラシー)の順位が前回の2位から6位へと下がりました。また、下のグラフのように理科を学ぶ態度や意欲は調査参加国の中でもかなり低いという結果も出ています。これらは、これだけ高度な科学技術に支えられていながら、科学的な知識や考え方をほとんど必要としない生活を送っていることが大きな要因と考えられています。これからの時代、地球環境問題やエネルギー問題などはどのような職種においても改善の必要を迫られる課題です。その基礎となる科学的知識・理解は必要不可欠なものとなっていきます。

 本校では、検定外教科書を用いて、全生徒に対して発展的内容についても取り組んできています。また、科学的思考力や問題解決能力の伸長のために、身近な現象を科学的な視点で捉え、探求方法を意欲的に学んでいける工夫を行ってきました。

 今年度は特にレポート作成能力の育成に力を入れて取り組みます。物事を論理的に考え、自分の考えを筋道を追って明確に表現する力を、レポートの作成を通して培っていこうと思っています。

 ① 科学的思考力・問題解決能力の育成
 ② 観察力の育成
 ③ 実物を使った授業
 ④ 実験・観察レポートの作成
 ⑤ 導入教材の工夫
 ⑥ 検定外教科書の使用 指導要領から削除された学習内容についても学習

[上に戻る(Back to Top)]

【各教科の特色】

英 語

数 学 理 科 国 語 社 会 体 育 音 楽 美 術 技術・家庭

(C) Musashino Higashi Gakuen
武蔵野東中学校
184-0003 東京都小金井市緑町2-6-4
Tel. 042-384-4311 Fax. 042-384-8451